【公式】アネシア東京尾久 | JR「尾久」駅徒歩2分 | トヨタホーム&ミサワホームの新築分譲マンション

LANDSCAPE 新・街路樹計画

街の「杜」をつくるための、「家」づくり

ここに創造される風景が、
やがて街の景観美の基調となる。

エントランス完成予想CG

敷地いっぱいに建物を建てるのではなく、幹線道路に沿って空地を確保し、充分な緑を植える。この開発そのものが「家」づくりであるとともに、「尾久」の街にとっては、豊かな「杜」づくりとなるよう計画しました。高さ約7mのシンボルツリーをはじめ、個性豊かな樹種の配置によって、「杜」に包まれた邸宅の印象を形成。その景観のあり方は、エリアの今後のまちづくりに対しても、より良いお手本になると考えました。

落葉、常緑、花樹、様々な樹種の配置により、「社」のような環境を創出します。

樹種の選定にあたっては、極力外来種を入れず、この地域の固有種を中心に採用しました。かつてエリアの緑を形成してきた樹木を活用することで、周囲の街並に溶けこむ風景となることをめざしました。常緑樹は、この「杜」に、緑の骨格をつくるという意味で多めに採用。
また、花の咲く樹木やモミジなどの落葉樹は、四季折々にあざやかな彩りを描きだし、住まう人はもちろん、沿道を歩く人にとっても美しい風景となります。

街並が美しく進化する、その起点となるプロジェクト

この「杜」の樹種選定にあたっては、地域に固有の樹種を中心に採用。かつてエリアを潤してきた樹木を活用することで、周囲の街並に溶け込む風景となります。高さ約7mのシンボルツリーをはじめ、「杜」に緑の骨格をつくる常緑樹。また、季節の彩りを描く、花の咲く木やモミジなどの落葉樹。その景観のあり方は、今後のまちづくりに対しても、より良いお手本になると考えました。

Landscape Designer 庄島正興氏

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。また、形状の細部および設備機器等については省略しております。
※敷地内の樹木等はある程度生育した後をイメージとして描いたものです。また、葉や花の色合い、樹形等はイメージであり実際とは異なります。
なお、植栽計画は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※イメージイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは多少異なります。また、一部敷地外の道路等を合わせて着彩しています。
※植栽参考写真は、イメージで実際とは異なります。

資料請求

来場予約

駅前ランドマーク
PREV

エントランス・
ラウンジ
NEXT