【公式】アネシア東京尾久 | JR「尾久」駅徒歩2分 | トヨタホーム&ミサワホームの新築分譲マンション

STRUCTURE

構造

強固な構造

地盤調査

将来にわたって安全・安心な暮らしをお届けするため、マンション建設前に地盤調査会社による地盤調査を実施しています。地盤調査を入念に行ったうえで、建築場所の地盤性状に適した建物の基礎を選定します。

劣化対策3等級・水セメント比

コンクリートは水・セメント・骨材等からなり、セメントに対する水の比率(水セメント比)が少ないほど、耐久性の高いコンクリートになります。アネシア東京尾久では、主要構造部のコンクリートを作る時の水セメント比を50%以下(杭を除く)に抑え、さらに鉄筋を覆うコンクリートのかぶり厚さを適正に確保することで住宅性能表示〈劣化の軽減に関すること〉の項目において、劣化対策等級3を取得。これは、通常想定される自然条件及び維持管理条件の下で、3世代(おおむね75年~90年)まで構造躯体等に関わる大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策が講じられているということを意味します。

杭基礎 (支持地盤)

地盤の状態に合わせて杭の耐力や形状を選定。標準貫入試験により地盤が信頼に足るN値及び厚さを有しているとされた堅固な支持層まで、場所打鋼管巻きコンクリート杭を築造し、杭周面の摩擦抵抗力と先端の支持力によって建物全体をしっかり支持できる構造にしました。

溶接閉鎖型帯筋

溶接閉鎖型の柱帯筋とは、工場で帯筋を溶接する事によって、一体性をもたせた形にして主筋を束ねるものです。

ダブル配筋

耐震壁の鉄筋をダブル配筋としています。シングル配筋に比べひび割れが起きにくく耐久性が高まり、強い構造強度を得られます。

壁構造

外壁は、タイル、コンクリート、プラスターボードなどで構成される多重構造で、遮音性や断熱性を高めています。住戸の戸境壁は約180~200mmの厚さを確保しました。

「住宅性能表示制度」適用マンション

国土交通大臣の登録を受けた第三者評価機関が、客観的かつ公正な基準に基づいて住宅の性能を評価する「住宅性能表示制度」を導入。設計段階と工事段階の2段階で性能を評価します。

耐震構造

柱や梁で架構を構成し、一部に耐震壁を付加することで、柱・梁・壁の強さと粘りを組み合わせ、地震に耐えるように工夫した耐震構造を採用しています。

かぶり厚

構造体の耐久性を保つために鉄筋の表面を覆うコンクリート厚を、土に接しない部分は約30〜50mm、接する部分は約50〜70mm確保し、耐久性を保っています。

連窓サッシ

開口部には、窓と窓の間の壁面積を抑え陽光をたっぷり取り入れる連窓サッシを採用。採光性とともに、ひとつながりの窓ならではの開放感が一層高まります。

ボイドスラブ工法

室内から小梁を無くし、すっきりとした空間を実現するために、ボイドスラブ工法を採用。一体感のある空間が居住性を高めます。

南面アウトポール設計

メインバルコニー側の柱を室外側に出し、リビングダイニグの柱型・大梁によるデッドスペースを取り除きました。家具をレイアウトしやすい、スッキリとした空間を実現します。

24時間換気システム

換気方法として、「自然吸気+機械排気」の24時間換気システムを採用しました。各居室の壁に給気レジスターを設け、ドアのアンダーカット(排気のための隙間)によって換気設備のある浴室などとの通気経路を確保します。

ホルムアルデヒド対策

フローリングや壁紙、キッチン・洗面の面材などには、ホルムアルデヒドの揮発を極小に抑える最高レベルの建材「F☆☆☆☆(フォースター)」を採用。厚生労働省の指針値を基に安全確認を行い、対策を行っています。

※F☆☆☆☆とは、日本工業規格(JIS)および日本農林規格(JAS)によるホルムアルデヒドの発散量の等級の最高等級を示したものです。

二重床

フローリング材との間にクッションゴムを配し、中空層を設けた二重床構造を採用。配管を直接スラブに埋め込まないため、メンテナンス性の向上とともに将来のリフォームにも対応することができます。

屋内自転車置場

通勤や通学の足として、またサイクリングやショッピングなどちょっとしたお出かけに便利な自転車専用の駐輪スペースを156台(小型用含む)分確保。建物内なので雨にも濡れず、盗難などの心配もありません。

PHV等充電設備

全ての平地式駐車場には、プラグインハイブリッド車(PHV)・電気自動車(EV)対応の充電コンセントを設置しました。※平地式駐車場の専用使用権者が使用できます。
※充電設備の使用は有償です。

※掲載の写真はモデルルーム(6fタイプ メニュープラン)を撮影(平成29年3月)したもので、家具・調度品等オプション仕様は販売価格に含まれておりません。
※設備・仕様はタイプにより異なります。

資料請求

来場予約

安心・安全体制
PREV

トップページ
NEXT